「東北に根ざした、もう一つのものづくりを訪ねて」と題して、東北の暮らしから生まれた商品を紹介していきます。

2014.3.31UP

東北マニュファクチュール・ストーリーを運営する一般社団法人つむぎやが、
東北の“思いを伝える贈り物 ”を集めたECサイト「TOHOK」を立ちあげました。

TOHOKで取り扱うのは、
東北マニュファクチュール・ストーリーで紹介してきたような
大震災の後の日々とともに生まれたものをはじめ、
東北の暮らしのなかで長く受け継がれてきたものや、
古き良き技術と若い視点が融合して新たに生まれたものです。

TOHOKの公開にあわせて、これらの商品を
「東北に根ざした、もう一つのものづくりを訪ねて」
と題して、ショートバージョンの抜粋記事で紹介していきます。

興味を持たれた方はぜひTOHOKを訪ねてみてください。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

東北に根ざした、もう一つのものづくりを訪ねて⑧

 

 ごはんがおいしくなる 岩出山の竹細工

宮城県大崎市岩出山。ここでは、岩出山に自生するしの竹を使った「しの竹細工」、そしてすず竹を使った「すず竹細工」が行われています。

岩出山の竹細工は、享保の時代に岩出山城主が藩士の手しごととして奨励したのが始まりです。京都からやってきた職人たちに習って、藩士たちが地元のしの竹を使った竹細工を始めました。その後、主に女性たちやお年寄りの冬の内職となってそれぞれの家で受け継がれ、質の高い生活道具が生み出されてきたのです。

しなやかなしの竹は、竹のなかでも細く、指ほどの太さ。すず竹はしの竹よりさらに細く、柔らかい。冬の間に山に入ってそれぞれの竹をとり、干しておく。そして、さらに細く割いて準備し、ざるやかごを編む。そんな竹細工の手しごとの様子を見てみようと訪ねたのは、「竹工芸館」。戦後、しの竹細工の後継者を育成するためにと始まったこの指導所では、今もたくさんのつくり手さんが竹細工を行っています。案内してくださったのは、竹細工指導員の千葉文夫さん。千葉さんもまた、小さいころからお父さんが竹細工に励む姿を見て育ったのだそう。

※商品紹介の続き 及び 購入については
「TOHOK」ページ